TOP > 活動内容 > 研究内容

地上系測位インフラとしてのスードライト技術の実用化を目指す。
そのための基礎データの収集と課題をまとめる。

衛星測位の不感地帯を補う技術の開発を目指す。 ⇒シームレス測位の実現

屋内におけるロボティックス等を対象にした高精度測位の実現

衛星測位及び地上系測位の様々な組み合わせ毎の衛星ビジビリティーをシミュレーションし、
設計、コスト試算などの基礎資料を作成する。

緊急位置情報通知(米国:E-911)に対応できる携帯端末ポジショニングの実現

研究開発した技術の実環境での実証実験を行い、実用性を検証する。