TOP > news > 第13回高度社会基盤研究フォーラム開催

第13回高度社会基盤研究フォーラム開催

第13回高度社会基盤研究フォーラムが開催されました。

−2005年4月20日に終了しました−

テーマ: 「日本独自の測位社会基盤構築に向けて」

第13回 オープンフォーラム

場所:東京海洋大学 越中島会館講堂 / 日時:平成17年4月20日

主催:特定非営利活動法人 高度測位社会基盤研究フォーラム

テーマ  「日本独自の測位社会基盤構築に向けて」

1. 開会挨拶

東京海洋大学  安田 明生 教授

2. 基調講演1

「位置情報プラットホームシステム設計について」(PDF:177KB)

埼玉大学  長谷川 孝明 助教授

3. 活動報告

(1) 「新ロケーションプラットホームシステムWG」 (PDF:467KB)

慶應義塾大学  植原 啓介 助教授

(2) 「高精度測位WG」(PDF:539KB)

高度測位社会基盤研究フォーラム事務局  千野 孝一

4. 技術報告

(1) 「スードライト開発報告」(PDF:2,380KB)

宇宙航空研究開発機構  辻井 利昭

(2) 「屋内GPS信号測位技術報告」 (PDF:2,193KB)

測位衛星技術株式会社  石井 真

5. 基調講演2

「測位・社会情報基本法(仮称)制定へ向けての動向」(PDF:2,694KB)

東京大学 空間情報科学研究センター  柴崎 亮介 教授

6. 総括

奈良先端科学技術大学院大学 情報科学センター  砂原 秀樹 教授

posted by APSBRF  |  news

トラックバック

 このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.fpoir.org/mt/mt-tb.cgi/19