TOP > news > 第19回 高度測位社会基盤研究フォーラムのイベント報告

第19回 高度測位社会基盤研究フォーラムのイベント報告

平成19年6月29日 有楽町の『東京国際フォーラム』にて開催された
「第19回 高度測位社会基盤研究フォーラム」の報告です。
会場内

テーマ:位置情報市場の創造
1.位置情報市場の創造  今、この時期に日本として重要なこと。
  慶応義塾大学常任理事 環境情報学部         村井 純 教授(代表理事)

2.位置情報市場創造のキーワード WYSIWYAS NAVI ウィジウィアス (PDF:480KB)
  埼玉大学大学院理工学研究科 数理電子情報部門 長谷川 孝明 教授(副代表理事)

3.位置情報市場創造における地理空間情報活用推進基本法との関係 (PDF:2.66MB)
  東京大学 空間情報科学研究センター センター長  柴崎 亮介 教授(副代表理事)


村井先生
長谷川先生柴崎先生

遠方からの来場者も先生方の提言には「聴講に来た甲斐があった」等、反響は大きいものでした。
また今後の研究・開発等のお役に立てますことをお祈りいたしますと共に、次回のオープンフォーラムへの参加も、是非ご友人の方などお誘いあわせの上ご来場くださいませ。

posted by APSBRF  |  news

トラックバック

 このエントリーのトラックバックURL:
 http://www.fpoir.org/mt/mt-tb.cgi/38